❖News room❖ http://www.sipphonereport.com Mon, 23 Apr 2018 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 スマホの使い方でよくありがちな間違い http://www.sipphonereport.com/2018/04/24/text-20180424/ http://www.sipphonereport.com/2018/04/24/text-20180424/#comments Mon, 23 Apr 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/sipphonereportcom/2018/04/24/text-20180424/ ○フリーWi-Fiを使うのはセキュリティ面が心配?
街で無料で使えるフリーWi-Fiは便利ですが、セキュリティーの部分で不安があります。
中には、セキュリティーに甘いものもあるでしょう。
特にネットで買ったものを利用する時には注意が必要となります。
自分の知らないところでカード情報が盗まれてしまうこともあります。
銀行のネットバンキングなど、重要な取引をする時にはモバイル通信で行うようにしましょう。
○スマホの画面をティッシュで拭くのは間違いだった?
スマホの画面が曇っていたり汚れたりしていると、ついティッシュで拭いてしまうという人もいるでしょう。
これは間違っていないようで、実は逆効果になってしまうことがあります。
ティッシュの繊維は思った以上にキメが粗いです。
そのため、画面に細かいゴミがついてしまっている場合には、かえってダメージをあたえやすくなってしまいます。
汚れが落ちるどころか、広がってしまうこともあるでしょう。
画面をふく時には、マイクロファイバー専用のクリーニングクロスなどを使用するのが、おすすめです。
100円ショップのメガネ拭きでも代用することが可能です。https://www.remotecall.com/jp/support/download/

]]>
http://www.sipphonereport.com/2018/04/24/text-20180424/feed/ 0
リモートコントロールを実際に使うには http://www.sipphonereport.com/2018/04/16/text-20180416/ http://www.sipphonereport.com/2018/04/16/text-20180416/#comments Sun, 15 Apr 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/sipphonereportcom/2018/04/16/text-20180416/ ビジネスシーンでも応用できるリモートコントロール。
リモートコントロールの接続方法についても知っていきましょう。
○リモートコントロールの接続方法について
「スタート」メニューから「すべてのプログラム」→ 「アクセサリ」 → 「リモートデスクトップ接続」と選択していきます。
○リモートデスクトップとは
「リモートデスクトップ接続」ダイアログのコンピューター名のところにローカルエリアの中で使う場合は、ホストのコンピュータ名、ポート番号と入力していきます。レジストリでポート番号を変更していない場合、コロンから先は省略して構いません。
ログオン画面が出てくるため、そこでユーザー名とパスワードを入力します。
リモートデスクトップ接続が実現できます。
リモートデスクトップを終える時には、切断とログオフの2つの方法で終了させます。
切断については、スタートメニューの切断ボタンをクリックするか、あるいはウィンドウの閉じるボタンをクリックします。
「ログオフ」は「スタート」メニューの「ログオフ」をクリックします。
「切断」と「ログオフ」の違いは、クライアントユーザーの状態をキープするかどうかの違いにあるでしょう。
「切断」はクライアントの状態を保つことができるため、セキュリティ面を考えると「ログオフ」が好ましくなります。画面共有 iphone

]]>
http://www.sipphonereport.com/2018/04/16/text-20180416/feed/ 0
高性能でも10万円以下で買えるスマホの新機種「ASUS ZenFone 4」 http://www.sipphonereport.com/2018/04/08/text-20180408/ http://www.sipphonereport.com/2018/04/08/text-20180408/#comments Sat, 07 Apr 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/sipphonereportcom/2018/04/08/text-20180408/ 年末年始になると、スマホを買い変えようと考える人もいるのでは?
2017年は新機種が続々登場し、魅力的なスマホばかりに恵まれましたよね。
例えば以下のようなスマホです。
・iPhone 8やiPhone X
・Galaxy Note8やXperia XZ1
どれも高性能で使い勝手が良く、ユーザーにとって魅力です。
しかし気になるのは本体価格。
10万円以上にも及ぶので、そう簡単にはお財布の紐はゆるくならないのでは?
スマホの魅力は十分わかっていても、実際購入するとなると、手が出ないという人も多かったのではないでしょうか?
しかし中には、高性能でありながら10万には及ばないスマホもあります。その一つをご紹介してみます。
○ASUS ZenFone 4
ASUS ZenFone 4の価格は6万円ほどです。
これまでのモデルよりも大幅にスペックが強化され、パワーアップしました。
ガラスはさらに洗練され、金属を使ったボディの質感が良く、ユーザーの所有欲をしっかり満たしてくれます。
普通よりワイドなフォトがとれるのも魅力です。写真機能を多用するユーザーにはまさにぴったりでしょう。
高性能なモデルとキビキビした動きを実現してくれる高性能なCPU、10万円前後の高性能モデルでも搭載している機種よりも多い大容量6GBメモリを搭載しています。
これなら6万円でもその価値があると感じるのでは?セキュアなPC遠隔サポートソリューション

]]>
http://www.sipphonereport.com/2018/04/08/text-20180408/feed/ 0
スマホも便利!でも遠隔サポートがより注目されている! http://www.sipphonereport.com/2018/03/31/text-20180331/ http://www.sipphonereport.com/2018/03/31/text-20180331/#comments Fri, 30 Mar 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/sipphonereportcom/2018/03/31/text-20180331/ 現代では、スマホやPCが手放せない時代になってきているといっても過言ではないでしょう。
モバイル端末の高性能化とネットワークがスピーディーになったことからも、タブレットやスマホを使ったサービスが充実してきています。
例えば電子書籍にサウンド、映像、クラウドサービス、ネットゲームなど、ユーザーが日常生活で楽しく便利に使える機能が、手のひらサイズのスマホに集約されています。
○遠隔サポートが注目されている!
そんな中、最近注目されつつあるのが、遠隔サポートです。
遠隔サポートとは、事務所やおうちにあるパソコンでも、遠く離れたところから操作することのできるリモートデスクトップのことをいっています。
リモートデスクトップというのは、手元にあるコンピューターから、ネットワークでつながれた他のコンピューターのGUIやデスクトップ環境を操作できる技術の総称をいっています。
PC遠隔操作ソフトや、リモートコントロールソフトという呼び方もあります。RemoteMeeting – 初期費用0円でWeb会議をスタート

]]>
http://www.sipphonereport.com/2018/03/31/text-20180331/feed/ 0
スマホはここがいい!~カメラ機能 http://www.sipphonereport.com/2018/03/24/text-20180324/ http://www.sipphonereport.com/2018/03/24/text-20180324/#comments Fri, 23 Mar 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/sipphonereportcom/2018/03/24/text-20180324/ スマホには、メリットもあればデメリットもあります。
スマホを使うにあたっては、このどちらも熟知している必要があるでしょう。
そこで今回は、スマホを使うメリットと、使用上の注意点についてお伝えしていきます。
ぜひご参考にしてみてください。
○スマホのメリットとして挙げる人が多い「カメラ機能」
スマホのメリットは複数ありますが、その中でもメリットとして感じている人が多いのが、
スマホのカメラ機能です。従来の携帯は写りが悪かったですが、最近は性能がどんどん高まり、デジカメにも負けないくらい綺麗な画質です。このためデジカメ産業も大打撃。
リアルなカメラが必要なくなってしまうほど、スマホのカメラ機能は写りが良い上、機能も充実しています。自分の好みに応じて画像をカスタマイズできる点も魅力です。
特に最近女性たちの間で、セルフィー(自撮り写真)も人気です。
画像や動画のやり取りがスムーズにできるところも親しまれています。
特に10~20代の女性は、友達同士で写真交換して楽しむことも多いです。
手間暇かけずに友人や家族とスマホで撮影した写真をシェアできるというのは、スマホを使う上でも大きなメリットです。
web会議 構築

]]>
http://www.sipphonereport.com/2018/03/24/text-20180324/feed/ 0
リモートアクセスの多様な使い方とは http://www.sipphonereport.com/2018/03/20/text-20180320/ http://www.sipphonereport.com/2018/03/20/text-20180320/#comments Mon, 19 Mar 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/sipphonereportcom/2018/03/20/text-20180320/ リモートアクセスを賢く使っていれば、業務の効率化や生産性をさらに高めることができるでしょう。リモートアクセスによって、企業のワークスタイルを大きく変革させることも可能です。
○リモートアクセスによって様々なワークスタイルに適用できるようになります
リモートアクセスのいいところは、様々なワークスタイルが実現できるようになることです。部署間やグループ内で、情報をスピーディーに共有することができます。
そのため、商談や営業などの進捗状況を透明化し、生産性を伸ばしていくことができます。
ある営業支援英ステムにおいては、営業担当の報告内容を、顧客情報や履歴情報に関連づけてグループ間共有を図るコミュニケーション機能がついています。
ワンタッチで既読を相手に通知するボタンも実装されているため、スムーズかつリアルタイムで情報共有ができるでしょう。
このような機能は、瞬時の判断を求められる時でも有効性を発揮します。例えば商談の時、顧客から見積額の提示など、緊急な判断が必要な課題が上がった時でも役立ちます。
その場で上司や同僚に相談して、明確な回答を得ることができます。web会議 費用

]]>
http://www.sipphonereport.com/2018/03/20/text-20180320/feed/ 0
一部のauスマホ、通信障害発生か? http://www.sipphonereport.com/2018/03/15/text-20180315/ http://www.sipphonereport.com/2018/03/15/text-20180315/#comments Wed, 14 Mar 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/sipphonereportcom/2018/03/15/text-20180315/ 1月3日午前5時53分~、一部のauのスマホが、グーグル関連のWebサービスに接続しづらいという通信障害が発生しています。
○グールグルとauの間でトラブルか…
推測によると、auとグーグルの間の回線で、何らかのトラブルが発生した模様です。
KDDIはこの原因について調査中としており、今はまだ解決にはいたっていません。
この接続困難な状態によって、グーグル検索やユーチューブ、グーグルマップなどの主要サービスがうまく使えず、不便を感じる人が増えてしまうと予想されます。
通信障害でうまく使えない場合には、他社が運営しているサービスを一時的に利用してみることをおすすめします。
○グーグルの代替サービスで乗り切る
例えばグーグル検索がうまくできない場合、ヤフーやBingが使えるでしょう。
グーグルマップをいつも使っている人は、ヤフーでもマップ確認が可能です。
閲覧者の多いYouTubeですが、これについては代替となるサービスがないため、しばらくユーチューブは我慢する他ありません。
障害はだんだん復旧してきていますが、SNSでは「スマホを再起動することで直った」との声も見られるため、困っている方は、まずは再起動を試してみてください。
それでも駄目な場合には、グーグルではなく、代替サービスを利用してみるといいでしょう。リモートサポート アプリ

]]>
http://www.sipphonereport.com/2018/03/15/text-20180315/feed/ 0
「VIBE K5 Plus」のスペック http://www.sipphonereport.com/2018/01/31/text-20180131/ http://www.sipphonereport.com/2018/01/31/text-20180131/#comments Tue, 30 Jan 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/sipphonereportcom/2018/01/31/text-20180131/ エレガントなデザインが特徴となっていて、握りやすさと持ち歩きやすさも実現させており、デュアルスピーカーを搭載していることで迫力満点の音楽が楽しめるスマホが「VIBE K5 Plus」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約71ミリ、高さ約142ミリ、厚さ約8.2ミリ、重さ約150gという軽量コンパクトボディを採用しており、カラーバリエーションはシャンパンゴールド、プラチナシルバー、グラファイトグレーの3色が用意されています。
ディスプレイは約5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは1日中でも安心して使用することができる2,750mAh大容量バッテリーを搭載しています。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン616オタクコア1.5GHzを搭載していてRAMが2GBになっています。
ストレージは16GBで32GBまで増やすことができます。
カメラは約1,300メインカメラと約500万画素のインカメラが搭載されており、オートフォーカスやタッチフォーカス、デュアルLEDフラッシュライトなどが付いています。

]]>
http://www.sipphonereport.com/2018/01/31/text-20180131/feed/ 0
「XC01Q」のスペック http://www.sipphonereport.com/2018/01/25/text-20180125/ http://www.sipphonereport.com/2018/01/25/text-20180125/#comments Wed, 24 Jan 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/sipphonereportcom/2018/01/25/text-20180125/ 丸みを帯びた美しいデザインになっており、握りやすさと持ち運びやすさを兼ね備えているスマホが「XC01Q」です。
マイクロソフトオフィスモバイルを標準搭載していますのでパソコンで作ったファイルを編集したり閲覧したりすることができます。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約78ミリ、高さ約154ミリ、厚さ約7.6ミリ、重さ約137gという薄型軽量コンパクトサイズを採用し、カラーバリエーションはホワイトとゴールドが用意されています。
ディスプレイは約5.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは連続通話時間約10時間が可能となる3,600mAh大容量バッテリーを搭載しています。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン410クアッドコア1.2GHzを搭載していてRAMが2GBになっています。
ストレージは32GBで6GBまで増やすことができます。
カメラは約1,300万画素のメインカメラと約500万画素のインカメラが搭載されていて、デュアルフラッシュやオートフォーカスを使用することができます。

]]>
http://www.sipphonereport.com/2018/01/25/text-20180125/feed/ 0
次なる10年のスタンダードを目指し、未来を追求した「iPhone X」 http://www.sipphonereport.com/2018/01/19/text-20180119/ http://www.sipphonereport.com/2018/01/19/text-20180119/#comments Thu, 18 Jan 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/sipphonereportcom/2018/01/19/text-20180119/ iPhone XがこれまでのiPhoneと大きく異なるのは、やはり、その外観にあリマス。本体前面には「Super Retinaディスプレイ」と名付けられた5.8インチのOLED(有機EL)ディスプレイが搭載されてイテ、これまでのiPhoneには必ず備えられていたホームボタンもなく、ディスプレイが本体前面のほとんどの占めるデザインとなっているのです。狭額縁を採用し、本体前面のほとんどをディスプレイが占めるデザインの端末は、すでに市場にいくつか登場しているのですが、iPhone Xの前面はまさにすべてがディスプレイという仕上がりであり、端末を手に持ってみると、画面だけを持っているような印象すらあるのです。こうしたデザインを採用したことについて、アップルは「ユーザーにとって、デバイスの存在感が消え、画面のユーザー体験のみに集中できる」と考えているということです。そして、ボディそのものは医療用にも使われるレベルの高品質なステンレススチールのフレームを採用し、前面と背面の両方にガラスをあしらい、ガラスとステンレスの継ぎ目もシームレスに美しく仕上げられているのです。

]]>
http://www.sipphonereport.com/2018/01/19/text-20180119/feed/ 0