❖News room❖ http://www.sipphonereport.com Sun, 19 Aug 2018 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 屋外でのセキュリティ対策も現場で使えるモバイル活用テクニック http://www.sipphonereport.com/2018/08/20/text-20180820/ http://www.sipphonereport.com/2018/08/20/text-20180820/#comments Sun, 19 Aug 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/sipphonereportcom/2018/08/20/text-20180820/ プラスワンで進める働き方改革…ビジネスパーソンが「働き方改革」時代に求められるもの、それが「モバイル力」です。いつ、どこにいても、クライアントの要望に応えられ、職場と同じように作業を進められる…。そんな新ワークスタイルに不可欠なモバイル活用テクニックを紹介します。屋外の作業だとセキュリティが心配だけど。カフェなど、不特定多数が出入りする場所でパソコンを開くのは、セキュリティが不安という人も少なくありません。確かに重要な書類やデータを扱うときは、屋外で作業は厳禁です。また重要な情報を扱わない作業でも、カフェでは席と席の距離が狭く、横から盗み見されそうなところもあります。こうした場合どうすればいいのでしょうか。解決策は、盗み見防止の「プライバシーフィルター」を導入することです。これによって左右の人からは画面を見づらくできるのです。また作業中、急な電話やトイレなどで席を外すことも考えられます。このとき不安なのが盗難ですね。昔ながらのケンジントンロックもありますが、最近はキングジムの「トレネ」など、スマホ連携の盗難防止装置もあるのです。

]]>
http://www.sipphonereport.com/2018/08/20/text-20180820/feed/ 0
イージェーネットの遠隔サポート http://www.sipphonereport.com/2018/08/15/text-20180815/ http://www.sipphonereport.com/2018/08/15/text-20180815/#comments Tue, 14 Aug 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/sipphonereportcom/2018/08/15/text-20180815/ インターネット回線を利用して行うサポーサービスに遠隔サポートがあり、サポートスタッフが画面を共有しながら操作を代行して問題を解決してくれるサービスです。
この遠隔サポートを行っているイージェーネットでは、サポートスタッフが電話で話しながらインターネットの様々なトラブルを解決してくれます。
また、イージェーネットの遠隔サポートはメールの送受信ができなかったりブラウザに警告メッセージがでたりするトラブルや、無線LANが繋がらないときや設定などが分からない時に迅速な対応で解決してくれます。
利用方法は、サポートスタッフと電話で話しながら案内に沿って利用規約の確認後にプログラムをインストールし、説明を受けてから遠隔サポートが開始されます。
利用後には専用プログラムは自動的にアンインストールされますので安心して利用することができるでしょう。
こうした遠隔サポートでは多くの人が利用している「Optimal Remote」というリモートサポートツールを利用しています。

]]>
http://www.sipphonereport.com/2018/08/15/text-20180815/feed/ 0
働き方改革」を加速するオフィス作りの新発想 http://www.sipphonereport.com/2018/08/10/text-20180810/ http://www.sipphonereport.com/2018/08/10/text-20180810/#comments Thu, 09 Aug 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/sipphonereportcom/2018/08/10/text-20180810/ 働き方改革の加速で、新たなオフィス作りを模索する動きが加速しています。情報通信技術(ICT)を駆使した働き方のデータ化やキャンプ用テントの設置など、従来ではなかった技術や発想をオフィス作りに生かすというものです。長時間労働の是正など、トップダウンの制度改革だけでなく、社員一人ひとりが問題意識を持って自発的に働き、自由な発想を生み出す空間作りが、各社の根底に流れるコンセプトになっているのです。4月に社名を変更したオカムラは、初めて出展した働き方改革に関する展示会で、商品であるオフィス家具を一切展示せず、自社の働き方改革の取り組みをパネル展示でアピールしました。同社は働き方改革を「WiL―BE(ウィル・ビー)」と名付けるなど、力を入れているのです。社員がいきいきと働き、思い描く生活の実現を目指すということです。単なる制度運用にとどまらず、社員自らが課題意識を持って取り組む、ボトムアップがコンセプトの一つなのです。東京では働き方改革を実践するため、「考動」「考率」「考創」「健考」をテーマにしたラボオフィスを展開し、実験と検証を繰り返すということです。

]]>
http://www.sipphonereport.com/2018/08/10/text-20180810/feed/ 0
Qrioのスマートロック、発売1週間での出荷台数が5,000台を突破 http://www.sipphonereport.com/2018/08/03/text-20180803/ http://www.sipphonereport.com/2018/08/03/text-20180803/#comments Thu, 02 Aug 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/sipphonereportcom/2018/08/03/text-20180803/ ソニーの子会社であるQrio(キュリオ)は、同社が7月19日に一般発売したスマートロック「Qrio Lock(キュリオロック) Q-SL2」の出荷台数が5,000台を突破したと発表しました。価格は23,000円(税抜)です。スマートフォンで自宅ドアの解施錠が可能なスマートロックです。従来モデル「Qrio Smart Lock」では、アプリ操作から施錠・解錠同社の反応に数秒かかっていたのを、新モデルでは即時動作するようにレスポンスを極限まで改善したということです。新たに、スマートフォンを持って自宅ドアに近づくだけで、鍵を解錠できる機能を実装しています。ドアを閉めるだけで自動的に鍵が施錠されるオートロック機能も搭載したということです。そのほか、合鍵を発行してシェアできる点、ドアの施錠・解錠操作の履歴表示、オプション品「Qrio Hub」と組み合わせて遠隔操作が可能な点などは従来モデル通りとなっています。また、8月16日には、スマートフォンなしでも「Qrio Lock」の解錠・施錠操作ができるリモコンキー「Qrio Key(キュリオキー) Q-K1」を一般発売します。テレワークソリューション

]]>
http://www.sipphonereport.com/2018/08/03/text-20180803/feed/ 0
「アジャイル会議」とは何?ムダな会議を一掃! http://www.sipphonereport.com/2018/07/27/text-20180727/ http://www.sipphonereport.com/2018/07/27/text-20180727/#comments Thu, 26 Jul 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/sipphonereportcom/2018/07/27/text-20180727/ 不毛な会議はどうすればなくなるのでしょうか。「働き方改革だ」「ワークライフバランスだ」「長時間労働を是正しなければならない」「テレワークを導入したほうがいい」「育休をとろう」。会社はいろいろと現場に対して心がけや方針を示します。しかし肝心な経営陣、管理者たちが「会議漬け」としたなら、現場のモチベーションは上がらないのは明白です。人件費の高い人たちが、会議ばかりで生産性の悪い仕事をしていたら、現場はシラケてしまうのです。ソフトウェア開発の世界では「アジャイル」という言葉があります。アジャイル(agile)というのは、もともと「素早い」「機敏な」という意味で、入念に要件定義をし、設計開発するのではなく、素早く短期間でソフトウェア開発をするための総称なのです。顧客をも開発チームに入れて、一要件をすり合わせながらトライ&エラーを繰り返し、開発していくスタイルが「アジャイル」と言えます。先述した「ムダ会議」を減らすには、この「アジャイル」という発想、思考を、に取り込んでいくのがもっとも有効なのです。
スマホ画面共有

]]>
http://www.sipphonereport.com/2018/07/27/text-20180727/feed/ 0
IIJmioの遠隔サポート http://www.sipphonereport.com/2018/07/21/text-20180721/ http://www.sipphonereport.com/2018/07/21/text-20180721/#comments Fri, 20 Jul 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/sipphonereportcom/2018/07/21/text-20180721/ スマホの基本操作が分からなくてうまく使えなかったり、トラブルが起きても解決できなかったりして困っている人もいるのではないでしょうか。
そうした時に便利なのが遠隔サポートです。その遠隔サポートを行っている「IIJmio」では、契約者が月額500円で利用できる遠隔サポートサービスがあります。
この遠隔サポートの範囲は、電話のかけ方やメール設定、充電の仕方やカメラの使い方などの端末操作、Webの見方やアプリのダウンロード、アプリの使い方やアカウントの登録などの操作方法をサポートしてくれます。
また、遠隔サポートサービスを代行操作してもらえることもあり、遠隔サポートアプリをダウンロードしてインストールし、起動後は専用フリーダイヤルに電話してオペレーターに案内された6桁の番号を入力するだけで遠隔サポートが始められます。
このような遠隔サポートサービスは、年中無休で行われてますし、フリーダイヤルですので何度かけても追加料金は発生しませんので安心です。web会議 システム

]]>
http://www.sipphonereport.com/2018/07/21/text-20180721/feed/ 0
働き方改革は、経営層の固定観念を壊す「攻城戦」 http://www.sipphonereport.com/2018/07/14/text-20180714/ http://www.sipphonereport.com/2018/07/14/text-20180714/#comments Fri, 13 Jul 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/sipphonereportcom/2018/07/14/text-20180714/ 社会的な関心が高まる一方で、現実はイメージと全く違うものになってしまうことも多い「働き方改革」です。本当の改革を起こすため、情シスやエンジニアといったITエキスパートは何をすべきなのでしょうか。世界の企業を見渡せば、デジタル技術で新たな価値を生み出していく「デジタルトランスフォーメーション」は、あらゆる分野で不可避なものとなりつつあります。自社でも、経営層を含む社員のほとんどが日常的にスマートデバイスを使い、ITの恩恵を受けているでしょう。「生産性を向上しよう」という声に反対する人もいないはずです。にもかかわらず、現実では、AIやIoT、RPAといったトレンドワードのみが一人歩きし、さまざまな要因で、デジタル変革や生産性向上の取り組みがスムーズに進まないのです。この状況は明らかに「矛盾」しているといっていいでしょう。この矛盾を解決するため、ITエキスパートがステークホルダー全員を「正しい方向に導く」必要があると澤氏は強調する。それには、正しい知識を伝えるだけではなく、相手の持つ「固定観念」を変えていくことが必要だということです。

]]>
http://www.sipphonereport.com/2018/07/14/text-20180714/feed/ 0
コストをかけずに手持ちの家電がIoTに大変身! http://www.sipphonereport.com/2018/07/07/text-20180707/ http://www.sipphonereport.com/2018/07/07/text-20180707/#comments Fri, 06 Jul 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/sipphonereportcom/2018/07/07/text-20180707/ 物理的にスイッチをポチッと押してくれるスマートホームデバイスが誕生しました。便利で快適な生活を志す人でしたら、家電の制御を自動化したり遠隔でできるようにしたり、といったスマートホーム化を検討したこともあるでしょう。しかし、いざスマートホームハブを導入したとしても、制御できる家電の種類は意外に限られていることに気づくはずなのです。電球1つをスマートホームハブにつなげるにしても、対応のものに買い替えなければならないので、せっかく膨らんだ期待もしぼんでしまいそうですよね。そんなスマートホーム化における不都合な真実を、アナログな手法でクリアするのが『SwitchBot』なのです。『SwitchBot』でしたら、すでに手持ちの家電をスマート家電に変身させてくれます。そしてコストをかけず手軽にスマートホームが体験できるのです。『SwitchBot』による家電のスマート化の仕組みは単純です。遠隔操作でスイッチを物理的にポチッと押してくれるだけなのです。つまり、ボタンでオン/オフするような普通のスイッチのある家電であれば、スマートホームハブにつなげられる候補になるということですね。

]]>
http://www.sipphonereport.com/2018/07/07/text-20180707/feed/ 0
幅広い層に広がりそうな「残業代ゼロ」制度 http://www.sipphonereport.com/2018/06/30/text-20180630/ http://www.sipphonereport.com/2018/06/30/text-20180630/#comments Fri, 29 Jun 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/sipphonereportcom/2018/06/30/text-20180630/ 「高度プロフェッショナル制度」は、専門性の高い一部の職種に対して残業代をなくして、その代わり成果に応じて一定の賃金を支払う制度です。対象は年収1,075万円以上ですから、ほとんどの人は自分とは関係ないと思っているかもしれません。けれど、この制度は別名「残業代ゼロ制度」とも呼ばれていて、今まで違う名前で国会に法案が提出されてきましたが、都度否決されてきたのです。どうしてかというと、現状では、高度な技術を持った人だけを成果主義で働かせるということになっているので、このハードルが徐々に下がっていくのではないかと危惧されているからです。例えば、今から32年前、「派遣法」が導入されました。導入当初は、通訳など一日何万円も稼ぐ高度な技術を持つ13業種が対象だったのですが、その後、16業種、26業種と業種が拡大し、今ではご存じのように「誰でも派遣」となってしまいました。「派遣社員」は、すぐにクビにできる低賃金労働者の代名詞となったのです。「派遣法」と同じように、「高度プロフェッショナル制度」も、導入されたらなし崩し的に対象範囲を広げていくのではないかとの危惧から法案成立がみ送られてきたのです。

]]>
http://www.sipphonereport.com/2018/06/30/text-20180630/feed/ 0
「オプティム」の遠隔サポート http://www.sipphonereport.com/2018/06/23/text-20180623/ http://www.sipphonereport.com/2018/06/23/text-20180623/#comments Fri, 22 Jun 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/sipphonereportcom/2018/06/23/text-20180623/ 世界最速の画面転送で素早い遠隔サポートを可能にしているのが「オプティム」の「Optimal Remote」です。
利用者のデバイスとの画面共有によって遠隔サポートし、口頭の説明にかかっていた時間を大幅に削減することもできます。
このオプティムの遠隔サポートはWebサイトのボタンをクリックするだけで準備完了となり、インターネットに接続されているだけで良いのでパソコンに詳しくない人でも簡単に遠隔サポートを受けることができます。
また、オペレーターが遠隔サポートするときも利用者が確認画面で許可しないと使用できない強固な安全設計になっています。
遠隔サポート時は指差しや赤ペンなどの分かりやすい表現方法を採用していますので誰でも見やすくて分かりやすいでしょう。
そして、遠隔サポートが終了したら自動的にサポートツールがアンインストールされますので不安が残ることもないです。
こうしたオプティムの遠隔サポートは接続確立速度も世界最速になっています。リモートサポートとは

]]>
http://www.sipphonereport.com/2018/06/23/text-20180623/feed/ 0